CDC CDC

No.023 / 2021.10.29

TOPICS / fashion 仕事着、作業着としてのエプロン vol.03 “WORK”

サニーロケーションのシンプルで、

でも少しデザイン性のあるエプロン、コート。

作業着として衣服を汚れから防ぎつつ、

ガシガシと気兼ねなく使えて、汚れもまた味わいになるワークウェア。

お料理から、畑仕事、塗装やDIY、その他にも…

用途を問わずに、スタイリングも楽しめるアイテムたち。

今回の特集では、”こんな方にはこのエプロンが似合う”

そんな想像を膨らませ、今回はCDCの身近な

富山のみなさんに着ていただきました。

特集は全3編(Vol.03)。

最終回の今回は、作業着としての着こなし”WORK”。

 

 

料理家 / 管理栄養士

Name : 三鍋 陽子さん

Item : チムニーエプロンのWHITE

 

《 eatful life 》

instagram : @eatful_life   /  @sukiben_

 

 

 

 

 

杜氏、杜氏夫人

Name : 黒田 一義さん

Age : 44

Item : アトリエコートのBLACK

 

Name : 黒田 絵美さん

Age : 40

Item : エプロンスカートのBLACK

 

《 千代鶴酒造 》

HP : http://www.chiyozuru.com/index.html

instagram : @chiyozuru_jp

 

 

 

 

 

料理家

Name : Ryoko Yamazakiさん

Age : 50

Item : エプロンスカートのWHITE(リメイク)、BLACK(リメイク)

 

《 ATELIER table 》

HP : https://atelier-table.com/

instagram : @matsuuuuu1106

 

 

 

 

 

米農家

Name : 赤坂 寿秀さん

Age : 42

Item : チムニーエプロンのBLACK

 

 

 

 

 

 

作業に適したエプロンやアトリコートにも

さまざま種類がある中で、CDCのバイヤーが

この3つのアイテムをセレクトしたのには理由があります。

アトリエコートとチムニーエプロンは、

ユニセックスで着られるため、

お家やお仕事のユニフォームとして合わせやすいこと。

エプロンスカートは、ギャザーのはいった

女性らしいシルエットなので、

ご自身のファッションを崩さずにレイヤードできるということ。

どれも室内でも外で着ていてもサマになる、

ファッションを兼ね備え、

”お洒落を楽しみながらもお洋服は汚したくない”

そんなバイヤーの思いが込められています。

アイテムの魅力は他にも・・・

 

綿100%の天然素材。
シワを気にせず着られる洗いざらしのような質感の生地。
高密度で織り上げた生地は
汚れが染みるのも遅く使いやすい。
たとえ汚れてしまってもガシガシ洗えて
気兼ねなく使えます。

 

 

 

 

デザインのポイントにもなっている 大きなポケット。

仕事道具をいれたり、引っ掛けたり。

すぐ取り出せて物をなくさないので 作業効率も上がります。

 


 

その他の生地やアイテムのディテールなど、より詳しい情報はアイテムページでご紹介しています。

ぜひご覧ください。

 

vol.01、vol.02はこちらから