VINTAGE|【1904】 Chester 9ct Signetring

VINTAGE|【1904】 Chester 9ct Signetring
  • VINTAGE|【1904】 Chester 9ct Signetring
  • VINTAGE|【1904】 Chester 9ct Signetring
  • VINTAGE|【1904】 Chester 9ct Signetring
  • VINTAGE|【1904】 Chester 9ct Signetring
  • VINTAGE|【1904】 Chester 9ct Signetring
  • VINTAGE|【1904】 Chester 9ct Signetring
  • VINTAGE|【1904】 Chester 9ct Signetring
  • VINTAGE|【1904】 Chester 9ct Signetring
  • VINTAGE|【1904】 Chester 9ct Signetring
  • VINTAGE|【1904】 Chester 9ct Signetring
  • VINTAGE|【1904】 Chester 9ct Signetring
  • VINTAGE|【1904】 Chester 9ct Signetring

品番:ant1799 85,800円(税込)

HOW TO ORDER

決済方法、納期、送料についてはこちらでご確認ください。


ITEM INFO アイテム紹介


英国紳士が好んで身に着けることで有名な「シグネットリング」。 シグネットリングとはベゼルと呼ばれる(最もでっぱている部分)にイニシャルや紋章が刻まれているリングの事を指し、古くはそれをハンコのように押すことで認印のような役割を持っていました。
中世では印鑑・認印の実用品として使用されていましたが、近代に近づくにつれ、その役割は薄れ「富・地位・階級」などを象徴するアイコンとして身に着けられるように変化。
王族や貴族が使用していたという歴史のゆえに、高貴で品を感じさせるリングは、新国王のチャールズ3世をはじめとするイギリスの紳士が好んで身に着けることで有名です。
イギリスのシグネットリングにはホールマークと呼ばれる刻印が内側に残されており、「工房・素材・純度・検査機関・製造年度」がひと目でわかるよう、定められたロゴやアルファベット、数字を用いて表示しています。
詳しくは特集ページ「イギリス伝統の指輪、シグネットリング」をご覧ください。

こちらは約120年前のイギリス、エドワード朝時代のシグネットリング。
内側にはチェスターにて1904年に検査されたホールマークが残されています。
工房の「E.V」、9金無垢を表す「9・375」、チェスターで検査された証のアッセイオフィス、デイトレターの「D」がはっきりと確認できます。
少し赤みのあるローズゴールドは古くから英国紳士の間でも親しまれてきた素材。
盾形のベゼルデザインもアンティークらしく、品が漂う上質なリングです。
サイズは約22.5号。
男性ですと人差し指や中指などに着けやすい、やや大き目サイズです。
イギリスの伝統に基づくと左手の小指に着けることが一般的になりますが、現在は小指だけでなく好みの指に着けたり、男性だけでなく女性も身に着けるファッションアイテムとなっています。
120年以上前のリングは歴史的に貴重なだけでなく、ロマンを感じさせる素敵な雰囲気です。


ITEM SPEC 商品仕様

ブランド名 -
商品名 【1904】 Chester 9ct Signetring
サイズ 約22.5号 内径 約2.1cm
重さ 5g
素材 9金(375)
カラー ローズゴールド
関連商品 -
ギフトラッピング 対応いたします
備 考 ヴィンテージ品のため、
経年による汚れや傷、くすみがございます。
予めご了承ください。

TOPICS / 特集

RELATED ITEMS 関連アイテム

CHECK ITEMS 最近チェックした商品